G成体 ~不完全なG生命体~ - バイオハザード アンブレラの隠れ家

バイオハザード アンブレラの隠れ家 ホーム » BOW » G成体 ~不完全なG生命体~

G成体 ~不完全なG生命体~

今回はバイオハザード2で登場したG成体について
書いていきます!

登場作品は?


・バイオハザード2
・バイオハザード ダークサイドクロニクルズ

どんなクリーチャー?


G生物の胚を植え付けられた人間が、宿主との間の拒否反応により
暴走した姿。容姿からして不完全なクリーチャーと化しており、
不安定な動きで、周囲の獲物を襲撃する危険な生命体と化している。

作中において


バーキン以外の数少ないG-ウイルスによるクリーチャー。
下水道入口付近で対峙し、レオン(またはクレア)と対決することに。
激戦の末に倒され、その場で生命活動を停止した。
バーキンGのように、生命力はそれほど強くない模様。

不完全な生命体


G成体には他の生物に胚を植え付けて繁殖したりだとか、
そういうことを行う能力はないようです。
不完全な生命体で、多くの機能の不全を起こしているのかもしれません。

口から幼体を…


G成体は口からG幼体を吐き出します。
これも不完全な生物ゆえでしょうか。
G幼体も集まると危険な存在なので、早めに処理することが望ましいです。
G幼体自体には大した生命力はありません。

アウトブレイクのは別物


バイオハザードアウトブレイクの「零下」シナリオのボスも
G生物ですが、あれは「G変異体」というG成体とは別物の
クリーチャーです。特徴は似ていますがG成体とは行動パターンなどが
異なり、別種として扱われています。

ダークサイドクロニクルズにも登場


.G成体はダークサイドクロニクルズにも登場しています。
滅びし街の記憶チャプター3のボスとしてレオンとクレアの前に
立ちはだかります。
こちらではブライアン・アイアンズの体を突き破るようにして出現しています。

コメント
非公開コメント