アリゲーター ~ウイルス感染のワニ~ - バイオハザード アンブレラの隠れ家

バイオハザード アンブレラの隠れ家 ホーム » BOW » アリゲーター ~ウイルス感染のワニ~

アリゲーター ~ウイルス感染のワニ~

今回はシリーズ作品に何度が登場している
「アリゲーター」について書いていきます!

登場作品は?


・バイオハザード2
・バイオハザード ガンサバイバー
・バイオハザード アウトブレイクFILE2
・バイオハザード ダークサイドクロニクルズ

どんなクリーチャー?


作品によって感染の経緯などは異なるものの、
ワニがT-ウイルスに感染し、変貌したもの、という点は共通。
巨大化している個体も多く、鋭い攻撃を繰り出す危険な
クリーチャーとなっている。

作中において


ラクーンシティやシーナ島で存在が確認されており、
レオンやクレア、ラクーンシティの市民、
私立探偵のアークらがこれらを退けている。

2のアリゲーター


バイオシリーズには、この時初登場。
狭い通路での戦いとなり、ガスボンベを利用するか、
通常の攻撃で倒すか、倒し方を選ぶことができます。
一撃の技も持っているので、注意が必要ですね。

ガンサバイバーのアリゲーター


下水道ルートを通った場合のみ、中ボス的存在として出現。
別ルートを通った場合は遭遇しないので、場合によっては
遭遇せずにゲームをクリアすることも可能です。

ダークサイドクロニクルズのアリゲーター


滅びし街の記憶のチャプターの一つで登場。
2と同じシチュエーションでの戦いとなり、このチャプターでは
アリゲーターがボスになっているので、必ず倒さなくては
いけない存在になっています。

アウトブレイクFILE2のアリゲーター


こちらは動物園で飼育されていたワニが感染したもので、
他作品のアリゲーターとは違い、巨大化していません。
同じT-ウイルスによる影響でも生息している環境などによって
変異にも差が現れる、ということなのでしょう。

コメント
非公開コメント