ミレーヌ・ビアズレー ~ビアズレー家当主~ - バイオハザード アンブレラの隠れ家

バイオハザード アンブレラの隠れ家 ホーム » 登場人物 » ミレーヌ・ビアズレー ~ビアズレー家当主~

ミレーヌ・ビアズレー ~ビアズレー家当主~

今回はバイオハザード北海の妖獣に登場した
ミレーヌ・ビアズレーについて書いていきます。

登場作品は?


・バイオハザード 北海の妖獣

どんな人物?


.ガディウォール島を支配するビアズレー家の現当主。
17歳にして、非常に高圧的かつ傲慢な性格をしていると同時に
優れた頭脳を持ち合わせる。
アンブレラの第1研究開発部長を務めている。

作中での行動


ガディウォール島で実験を繰り返しており、ゾンビが目撃
されるなどの騒ぎになりつつも、島の住民はアンブレラを敵に
回すことはできず黙認していた。

後にレインを人質にとり、乗り込んできたノルスと対峙。
しかし、執事のギリアムに裏切られた挙句、ノルスに銃撃されて死亡。

が、怪物ミレーニアに自身の記憶を移し替えていたため、
ミレーニアと一体化するかたちで復活。
再びノルスを襲撃するも、再度倒されて完全に死亡した。

遺伝子操作により・・・


ミレーヌは遺伝子操作により生み出された人間で、
優秀な頭脳を持って生まれました。
それゆえに若くしてすぐれた才能を発揮していたようです。

しかし、厳密には失敗作でもあり、その事実が後に
ギリアムの口から語られます。

作品内のラスボス


作中では当初から名前が挙がっており、結局最終的に
ミレーニアと融合して、ラスボスというかたちでノルスたちの
前に立ちはだかりました。
冷徹な性格、自らがクリーチャーになる一面、
やはり彼女もアンブレラの人間らしい行動をとっていますね・・・。

その容姿は?


ミレーヌの容姿は、小説ではありますが、イラストが描かれており、
そこに描かれています。
年齢相応の雰囲気ではありますが、非常に高飛車な印象を
与える容姿をしています。

コメント
非公開コメント