サミュエル・アイザックス ~アンブレラ研究員~ - バイオハザード アンブレラの隠れ家

バイオハザード アンブレラの隠れ家 ホーム » 登場人物 » サミュエル・アイザックス ~アンブレラ研究員~

サミュエル・アイザックス ~アンブレラ研究員~

今回は実写版バイオハザードに登場した研究員、
サミュエル・アイザックスについて書いていきます。

登場作品は?


・バイオハザードⅡ(実写版)
・バイオハザードⅢ(実写版)
・バイオハザード ザ ファイナル(実写版)

どんな人物?


アンブレラ研究員の一人で、アリス計画を推し進めていた人物。
他のアンブレラ社員と同様に、冷徹な性格の持ち主。
スーパーアンデッドを開発するなど、研究者としての能力も
併せ持っている模様。
後に、とある人物のクローンであったことが判明している。

作中での行動


Ⅱでは少しだけ登場。
その後、Ⅲで本格的に登場し、アリス計画を進めることに。
後に、スーパーアンデッドに噛まれてしまい負傷。
大量の抗ウイルス剤を自らに投与したことで、変異して怪物化。
最後はアリスと対決するも、アリスが発動したレーザーの餌食と
なり、最後を遂げる。

研究者として…


研究者としては優秀な模様で、
スーパーアンデッドの開発の他にも、数々の成果を挙げている
様子が描かれていました。
アリス計画も進めていましたし、研究者としては優れているのでは
ないでしょうか。

性格は…


しかしながら、アンブレラの他の研究者と同じように、
人間としての性格は冷徹そのもので、
部下を駒のように扱ったり、上からの命令を改変したりと
やりたい放題を尽くしていたようです。

とある人物のクローン


バイオハザード ザ・ファイナルにおいて
サミュエル・アイザックス自身がアンブレラ設立者の一人、
アレクサンダー・ローランド・アイザックスのクローンであったことが
判明しています。
サミュエル自身がそれを知っていたのかは不明です。

コメント
非公開コメント